結婚とは、交際相手と法律の下に家族になる事です。

戸籍上は相手の家族とも親族になります。
戸籍上親族となるという事は、色々な法律に縛られます。
例えば、自分の親族が生活保護の申請をする場合には、3親等内の親族に扶養義務もあります。
具体的には、結婚相手の親、兄弟が経済的に苦しいときには、
助けないといけないという法的義務があるのです。

結婚して家族になるという事は、☝のような法的拘束力もでてきます。
でも私が言いたいのは、法律とか難しい話では無く、
愛する人と結婚するのであれば、基本的にその家族の事も大切にする必要があると考えます。

それが、愛する人にとって一番嬉しい事ではないでしょうか?
世間では嫁、姑問題とか、家族間のトラブルををよく聞きますが、
お互いの家族の不満を言ったりしても、誰も幸せにはなりません。

結婚を相手の事が大事であるのであれば、その家族も同じように大事にしましょう。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2679337436293762"
data-ad-slot="6665319110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村